生活

ショートスリーパーになる方法は実は簡単!誰でもなれるその方法とは?

ショートスリーパーという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

ショートスリーパーとはその名の通り、平均的な睡眠時間が短い人のことを指します。単純に一日二日の話ではなく半永久的に短い睡眠で生活できるのがショートスリーパーです。

ショートスリーパーは特殊な能力ではないのか、とお思いの方もいらっしゃるでしょう。また、ショートスリーパーになりたいと考えているけど、私には無理だ・・・と思っているような人も・・・

この記事では、筆者の体験をもとにショートスリーパーになる方法を紹介しています。誰でもなれるのがショートスリーパーです。

ショートスリーパーになって、一日の活動時間を増やすことでより多くの作業や用事をこなすことが出来ます。

では、ショートスリーパーになる方法を詳しく見ていきましょう。

ショートスリーパーって?

「ショートスリーパー」とは日本語に直すと「短眠者」といいます。

つまり、睡眠時間が短い人のことを指す言葉です。ただ単に一日寝ていないからと言ってショートスリーパーと呼ばれることはありません。ショートスリーパーは継続的に短い睡眠で生活できる人のことをいいます。

まさを
まさを
ショートスリーパーって実は無理しているんじゃないの?

ショートスリーパーは無理やり起きているわけではありません。必要とする睡眠時間が人よりも少ないのです。だからショートスリーパーだからと言って日常の生活に支障をきたすことはありませんね!

ショートスリーパーは特殊な能力なの?

過去の著名な偉人たちにもショートスリーパーがいたといいます。

発明家トーマス・エジソンは

『自分は一日18時間働くことにしている』

単純計算でも空き時間は6時間しかありません。これを完全に睡眠時間に充てても一般的な睡眠時間よりは短いですね。

他にも、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツやソフトバンク創業者の孫正義もショートスリーパーとして知られています。

ということで、偉人にはショートスリーパーが多いということを紹介しましたが、果たしてショートスリーパーは特殊能力なのでしょうか?

いいえ、違います。

ショートスリーパーはやる気さえあれば誰でもなることが出来ます。

まさを
まさを
ちなみに、天才物理学者のアインシュタインは一日に10時間も寝る、ロングスリーパーだったんだってさ!

実は僕もショートスリーパーなんです

僕もショートスリーパーでして、高校時代は環境的に、平日3時間しか睡眠を取ることが出来ませんでした。

中学生まではかなりの寝坊助で、12時間寝ているなんてこともざらにありました。しかし、今ではかなり短い時間で変わらない生活を送ることが出来ています。

これ、かなりオトクです。

誰でもショートスリーパーになれる

なぜ短時間睡眠が実現するのか

そもそもなぜショートスリーパーは短い睡眠時間で普通の人と同じ生活が出来るのかを考えてみましょう。

それはずばり、睡眠の質です。

睡眠の質を高めることで睡眠時間を短くすることが出来ます。一日に10時間寝る人と5時間寝る人では単純に睡眠の質が2倍違うことになります。睡眠の質を高めることで体力回復にかかる時間も短くなり、結果としてショートスリープが実現できます。

まさを
まさを
なるほど!ではどうやって睡眠の質を高めればいいんだろう?

睡眠の質を高める方法

睡眠の質を高めるためには、要は、他のことを考えずに睡眠に集中することが大切です。リラックスして寝る、これが一番です。

僕がよくやっている寝る前のリラックス法として、蒸気でホットアイマスクを利用しています。皆さん、これやったことありますか?

 

これが幸せか、と言わんばかりの心地よさです。リラックスするためにはこれかなり使えますよ。

ゆずの他にも、カモミールジンジャーの香りもオススメです。

あと、マクラも非常に重要です。自分に合った形のマクラじゃないと全然快適な睡眠をとることは出来ません。

僕は固いマクラが好きだったのでタオルをギシギシに巻いて自作していました。自分個人に合ったマクラ選びをすることも重要ですね。

訓練すればショートスリーパーになれる

高校時代の僕は3時間睡眠が当たり前でした。この時は当然、ショートスリーパーではなかったのできついのなんのって。

ただ、この3時間睡眠を続けたことで、ショートスリーパーなる才能を習得しました。つまり、経験上ショートスリーパーにはなれます。

今では3時間睡眠でも余裕です。3時間寝るだけでカラダはとても元気になります。

ということで普通の睡眠から間隔を空けて、徐々に睡眠時間を減らしてゆくことでショートスリーパーの才能を開花させましょう。

以下は例です。

2週間ごとに睡眠時間を減らしてゆくことを考えます。

1~2週間目  週の平均で8時間睡眠を取る
2~4週間目  週の平均で7.5時間睡眠を取る
4~6週間目  週の平均で7時間睡眠を取る
6~8週間目  週の平均で6.5時間睡眠を取る
8~10週間目  週の平均で6時間睡眠を取る

このような感じで習慣化して訓練を行うことで十分ショートスリーパーに近づくことが出来るでしょう。

あくまでも健康第一なので無理に睡眠時間を削らないこと!

まとめ

以上、僕がショートスリーパーである経験を含めて、ショートスリーパーになるための方法について考えてみました。

一番は、睡眠の質を上げることに徹しましょう。睡眠の質を高めることで長い睡眠時間を要さなくなることは明らかなことです。

まさを
まさを
無理しないことが一番だね!

 

ABOUT ME
まさを
国公大学に通う学生。工学部。 自分で得た知識を多くの人に発信し、役に立ててもらえればと願い、WagenAigoを開設。 イベント運営を通して情報発信の大切さに気付く。 楽しいことが大好き。 好きなもの:ガジェット、新商品、お酒、旅行、地元、友達。