コラム

【メンズワックス】剛毛の為のオススメワックスレビューその1

皆さんは、どのメーカーのワックスを使っていますか?ワックスの種類も年々増えてきて

どのメーカのものを使ったらいいのか分からない・・・・

自分の髪質にあっているワックスはどれ・・・

という悩みに陥るかもしれません。

僕自身、ワックスを使い始めたのは高校生のときからなのですが、当時はいろんなものを買い漁って、さまよってたこともあります。

セットも慣れれば簡単で思い通りにできて楽しいのですが、自分にあっていないワックスで慣れてないセットをしてしまうと、それはそれは大変なことになってしまいます。

このテーマ関連で人生の中で言われた一番恥ずかしかったことは「なんで髪がビショビショなの?」です・・・笑(今となってはそんなことありませんが笑)

今回は特に剛毛ショートヘア―の方向けに、使った感想を交えつつレビューしてゆきたいと思います!

レビューの観点は以下の三つ!

  • ツヤ
  • セットのしやすさ
  • セット力

です。それでは見てゆきましょう!

ギャッツビームービングラバー

いわずと知れたこのシリーズ。コンビニや薬局ですぐ手に入れることが出来ます。ワックスデビューのひな型と言っていいほどメジャーではないでしょうか。

スパイキーエッジ(ピンク)

   ツヤ:
使いやすさ:
 キープ力:

スパイキ―エッジはムービングラバーシリーズでは最も短髪に適したワックスと言えます。立ち上げに適しているので、剛毛な方でもバリバリにキープすることが出来ます。クリーム系のワックスで、青リンゴの香りです。全てにおいて平均的なパフォーマンスを持っています。なんていったって価格の安さもありますからね。

ワイルドシェイク(紫)

   ツヤ:
使いやすさ:
 キープ力:

こちらも定番の商品。クリーム系のワックスです。青リンゴの香り。スパイキ―エッジよりも少し長めの髪に向いています。(長めの髪と言っても、短髪の中での話ですけど・・・)このワックスでも立ち上げることは可能ですが、どちらかというと束感を出したい方に向いている気がします。スパイキ―エッジよりも扱いやすさ重視ですね。

グランジマット(灰)

   ツヤ:
使いやすさ:
 キープ力:

こちらはマット系のワックスとなっています。もちろん青リンゴの香り。マット系で油分が少ないため、扱いやすさには少々かけるところが難点です。しかし、マット系のワックスは余計な油分を含まない分、ツヤを抑えたヘアセットが可能です。立ち上げるよりもナチュラルさを重視したい方にオススメ。ただし、マット系のワックス全般に言えることとして、剛毛には使えないことは無いけれど、扱いが難しいと思います。

クールウェット(水色)

   ツヤ:
使いやすさ:
 キープ力:

こちらはワックスというよりジェルですね。濡れ髪ヘアとしてセットするのがオススメ。特にパーマをかけたときには、水分が高いジェルの効果でしっかりウェーブが出てくれるのでなかなか使えますよ。使用感としては、パリパリになる印象です。傍からは分からないとは思いますが。また、別の記事で紹介するかもしれませんが、ワックスに少しクールウェットを足してあげることで適度なツヤを演出することが出来ます。

ウェーボデザインキューブ

容器のデザイン性の高さから人気のワックスです。香りもとてもよいので、一日中つけていても香りが途絶えません。製造元によるとフローラルフルーティーの香りとのことですが、これがフローラルフルーティなのかは分かりません・・・笑

香水をつけているかと思われるような香りです。

ただし、サロン専売品なのでドラッグストアに売ってある可能性は少し落ちます・・・(最近は置いてあることもありますが)

ホールドワックス(緑)

   ツヤ:
使いやすさ:
 キープ力:

「The短髪剛毛向け」なワックスです。クリームタイプでしっかり一日中キープしてくれます。適度なツヤが出てくれます。個人的にはめちゃくちゃ扱いやすい!とは思えませんが、慣れれば扱えるようになります。何だろう、中級者向け的な笑

少しワックスにしては値が張るような気もしますが、それでもコストパフォーマンスはいいと思います。持っていて損はしない商品。

ハードワックス(黄)

   ツヤ:
使いやすさ:
 キープ力:

ホールドワックスと比べるとセット力は落ちるような気がしますが、その分、扱いやすくなっています。めちゃくちゃ剛毛ってわけでもないなら、ハードワックスを買うこともオススメです!自然なツヤが出てくれます。ただ、昔、このワックスをつけすぎてかなりべたべたになった記憶があります・・・笑(普通に使えばそんなことありません笑)

似たような色の同じ種類のワックスがあるので、間違えて買わないように注意しよう。。。

ドライワックス(灰)

   ツヤ:
使いやすさ:
 キープ力:

こちらはデザインキューブシリーズのマットタイプワックスです。ツヤはほとんどなくツヤを抑えたセットをしたいときにオススメです。クリームというよりは少し固いです。セット力は抜群なので一日中しっかりキープしなきゃ!って時にぜひ使ってほしい代物です。

今回は、剛毛の為のワックス紹介ということで、ムービングラバーシリーズとデザインキューブシリーズを紹介しました。 ほかにも魅力的なワックスはたくさんあるのでまた紹介したいと思います!

ABOUT ME
まさを
国公大学に通う学生。工学部。 自分で得た知識を多くの人に発信し、役に立ててもらえればと願い、WagenAigoを開設。 イベント運営を通して情報発信の大切さに気付く。 楽しいことが大好き。 好きなもの:ガジェット、新商品、お酒、旅行、地元、友達。